中古ルアー買取専門サイト

最新の買取情報

★6/7~6/10の営業案内★

誠に勝手ではございますが、以下の期間は出張のため店舗業務をお休みさせて頂きます。
 
【期間】
——————-
 
2019年06月07日(金)~2019年06月10日(月)
 
——————-
事前査定及びお問い合わには期間中も順次対応させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

ルークル

新規ルアー買取情報~一誠 -issei- ギル型ワーム ギルフラット~

みなさん、こんにちは!
 
本日も買い取りさせて頂いた中古ルアーの生まれた背景や特徴、使い方などを紹介します💁
 
 
【買取ルアーデータ】
———————-
メーカー: 一誠 (issei)
ルアー名: ギルフラット
全長: 110 mm
重量: 20 g
潜行深度: – m
買取価格: 480 円/袋
———————-
 
村上晴彦師匠のギル型ワーム❗
独特な見た目と、理にかなった構造、そして動き、どれをとっても素敵なワームをご紹介✨
 

●ギルフラットの特徴

 
・特徴1:独特な見た目と構造
パッとみただけで違いがわかるこのマンゴーカットボディ。

ギルフラットボディ

(出典: 一誠HP)


所謂ジャバロン構造を用いたワームにしか出せない動きを、あえて関節をなくすことで実現。
(後述しますが、イマカツ大先生と揉め事になりそう故に生まれた軌跡のデザイン。)
「釣りをしない人にとってもプロダクトとして魅力があるモノを創りたい」
という村上さんの想いが詰まっていますね。
 
 
・特徴2:スイミング系ギル型ワーム
デプスのブルフラットやOSPのドライブSSギルを始め、近年大人気のギル型ワーム。
大きく分類すると”スイミング対応型”と”それ以外”に分けることができ、上記のワーム含め、今現在の日本の市場には後者が殆どです。しかし、ギルフラットは数少ない前者に当たります❗
 
 
・特徴3:艶めかしいアクション
少々セッティングが面倒なところが晴彦師匠の作品らしいですが、動きは逸品。海外ではまだ存在しないであろうこの動き。広まる前に日本人だけで使わせて頂きましょう☺
 

 

●ライバル達との比較

数少ないスイミング系ギル型ワーム、ギルフラット以外の製品の動きもチェックしてみましょう。
・ジャバギル(イマカツ)

 
ギルフラットよりロールが入って水押しが強そうな一方、ボディの艶めかしさはギルフラットに軍配が上がりそうです・・・。
 
・バーガー(ドランクレイジー)

 
テールがピロピロと小さいギルっぽい動きをしていて、こちらの動きのほうが釣れそうな(気がする)状況もありそうですね。
 
 
 

●ギルフラット使い方・リグ・使用シーン

 
・ただ巻き
 
ただ巻きしたい時はこれ❗ネイルリグ❗

でも、ネイルリグはセッティングが面倒!な時は、チョン掛け(通称AKセッティング)にもトライしてください。
 

 
・ボトスト
ネイルリグやAKセッティングが素晴らしすぎる故かあまりメジャーじゃないですが、根魚玉を使用した直リグもお勧め👍
ボトムにしっかり食いついてくれるので魚がボトムについている時に使用してください💁
 

 
 

●ギルフラットのセッティング方法

ネイルリグの時に使用する
・フックは#4/0
ネイルシンカーは
・バランス用(フックと反対方向に装着):0.45g (1/64oz)
・ウェイトup用(腹に真っ直ぐに装着):0.9g (1/32oz) 2.2g (1/13 oz)
ですが、ウェイトup用のシンカーが1.8g(1/16oz)以上の時はバランスウェイトは外してもオーケーです👌
 

ギルフラットネイルリグセッティング

(出典: 一誠HP)


 
晴彦師匠が丁寧に説明してくれていますのでコチラもどうぞ💁
 

 
 

●余談~ジャバロン構造について~

2000年前半、イマカツ大先生による画期的なワーム、ジャバロンが生まれました。
その動きは素晴らしく、魚そのもので業界を震撼させました。
動きの原動となっているのが、ジャバロン構造(正式名称:ジャバラ構造)。イマカツ社で特許をとっていました。
ところが❗❗
その構造を丸々パクってジャバロンより安く売るというメーカーが出現。(商品名はリップレスでしたが、メーカー名は何だったかな・・・・。)イマカツ大先生は激怒&法的手段を取り、そのメーカーの金型を処分させました。
その後は勿論、ジャバロン構造を持った製品は”国内では”発売されてきませんでしたが、村上師匠のisseiのギルフラットプロトモデルを見てイマカツ大先生が物申し、(仲の良い二人なので喧嘩には至りませんでしたが)村上師匠はジャバロン構造からマンゴーカットボディに昇華させた。という経緯があります。
 
———————-
ルークルでは皆さんのルアーをルアー買取専門店故の買取価格で、買い取りさせて頂いております!

WEB上で事前査定致しますので、是非コチラからご依頼下さい!

かなりシンプルなWEBフォームとなっておりますので、お時間取らせません!是非!
———————-
 
 
 
———————-
インスタでもルアーのカッコいい/美しい写真を紹介させて頂きますので、
是非フォローしてくださいね。
(↓↓下からフォローできますのでよろしくおねがいします!)
———————-

★5/15の営業案内★

誠に勝手ではございますが、明日5/15(水)は業務をお休みさせて頂きます。
 
該当するお客様には既にご連絡させて頂いておりますが、査定品の受け取りおよび、事前査定依頼へのご対応は5/16(木)になりますので何卒ご理解ご協力をお願い致します。
 
 
 
 

ルークル

新規ルアー買取情報~OSP ドライブシャッド 4.5インチ~

みなさん、こんばんは!
 
本日も買い取りさせて頂いた中古ルアーの生まれた背景や特徴、使い方などを紹介します💁
 
 
【買取ルアーデータ】
———————-
メーカー: OSP
ルアー名: ドライブシャッド 4.5インチ
全長: 4.5 インチ
重量: 13 g
潜行深度: – m
買取価格: 250 円/袋
———————-
 
本日はティーーーーーー並木のシャッドデール✨
10年程前はシャッドテールといえばケイテックのスイングインパクト、ハイドアップのスタッガー、サワムラのワンナップシャッドの三つ巴でしたが、今は市場に良いシャッドテールが溢れていますよね。
その激戦区の中で、ドライブシャッドはどのような位置づけなのでしょうか❓
 

●ドライブシャッドの特徴

 
・特徴1:フォールでもしっかりアピール
最大の売りにしている「フォール中もしっかりアピール」
百聞は一見にしかず、御覧ください💁
 

 
全身とテールがしっかり動いているだけでなく、魚がディープに落ちていくように斜めにフォールしています。
 
・特徴2:強すぎず弱すぎないアクション
 

 
ウォブルロール共にどこのフィールドでも通用しそうな強すぎず弱すぎない動きですね。
 
 

●ライバル達との比較

他の人気シャッドテールとの動きを比較してみましょう
・ワンナップシャッド(サワムラ)

 
今回比較するシャッドテールの中では最も弱い部類に入ると思います。
振り幅が殆どないローリングアクションとむっちりボディがかなり魚っぽく、テールはピロピロ。
実際に現場で動きを見ていただくと、リアリティがよりわかると思います👍
 
・スタッガー(ハイドアップ)

 
ドライブシャッドと同じか、それより少し弱いくらいに全身を動かしていますね。
 
・スイングインパクト(ケイテック)
 
 
・アンモナイトシャッド(ジャッカル)
 

 
かなり強いロール❗
 
・リズムウェーブ(ジャッカル)
 

 
アンモナイトシャッドよりロールはないものの、全身をクネクネ動かしていて割と強いアクションな印象
 
・キャラメルシャッド(イッセイ)
 

 
実はルークルスタッフはこれが一番好み✨ ハイピッチでワンナップシャッドより若干強いくらいの感じでしょうか☺
 
・フルスイング(レイドジャパン)
 

 
その名の通り、グネグネと強い動きですね👍今回比較した中では最も強そうな動きです。
 
・バリキシャッド(ガンクラフト)
 

 
全身を動かすというよりは、テールがかなり強めに動くバリキが感じられるシャッドテール
 
・ハートテール(ゲーリーヤマモト)
 

 
みなさん大好きなハートテール。引き抵抗は少ないんですけど、結構強い印象を受けますね
 
・ヴァラップスイマー(ボトムアップ)
 

 
ドライブシャッドの開発に携わった川村光大郎氏のラストアンサーなのでしょうか?
 
 

●ドライブシャッド使い方・使用シーン

 
・ただ巻き
 
ハードルアーじゃ食い切らないけど~な時に投入される方も多いかと思いますが、上でご紹介した対抗馬達の中でも強すぎず弱すぎないので、シャッドテールなんじゃないかな?なときのトップバッターにお勧め👍
 
・ただ巻きからのフォール
ドライブシャッドと言えばこれ!
リザーバーであれば、立木の奥にあるカバーにスキッピングに入れ、立木の手前でフォールさせる。
なんて、ドライブシャッドだからできることだと思います☺
川村光大郎氏もこれでハイプレッシャーの淀川を攻略していますね!
 

 
いかがだったでしょうか?
パッと見の見た目では差がつきにくいシャッドテールワームですが、動きや特徴をみていくと面白いですね。
 
 
 
———————-
ルークルでは皆さんのルアーをルアー買取専門店故の買取価格で、買い取りさせて頂いております!

WEB上で事前査定致しますので、是非コチラからご依頼下さい!

かなりシンプルなWEBフォームとなっておりますので、お時間取らせません!是非!
———————-
 
 
 
———————-
インスタでもルアーのカッコいい/美しい写真を紹介させて頂きますので、
是非フォローしてくださいね。
(↓↓下からフォローできますのでよろしくおねがいします!)
———————-

★GW中の営業案内★

誠に勝手ではございますが、以下の期間は店舗での業務をお休みさせて頂きます。
 
【期間】
——————-
 
2019年04月29日(月)~2019年05月6日(月)
 
——————-
なお、お客様からの事前査定のご依頼、及びお問い合わせには期間中も順次対応させて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 

ルークル

新規ルアー買取情報~メガバス MR-X サイクロン~

みなさん、こんばんは!
 
本日も買い取りさせて頂いた中古ルアーの生まれた背景や特徴、使い方などを紹介します💁
 
 
【買取ルアーデータ】
———————-
メーカー: メガバス
ルアー名: MR-X サイクロン
全長: 55.5 mm
重量: 3/8 oz
潜行深度: 1.8 m
買取価格: 320 円/個
———————-
 
廃盤になってしまった名作、メガバスのサイクロンシリーズのMRのご紹介です✨
 

●MR-Xサイクロンの特徴

 
・特徴1:スタビライジング系コンタクト
メガバスさんは”スタビライジング系”と呼んでいますが、
“障害物コンタクト時の密着性が高い”動きで、カバークランキング時に好まれます。
(サイクロンシリーズはスクエアビルでないのでカバークランキング専用というわけではありませんが・・・・)
 
 
・特徴2:SR-Xサイクロンと異なるローリング系アクション
SR-Xサイクロンは比較的ウォブルの強いクランクらしいクランクです
 

 
一方、MR-Xサイクロンはローリング系で控えめです
 

 
 

●MR-Xサイクロンの使い方・使用シーン

 
・障害物にタイトに居着くバスを捕る
所謂カバークランキングに位置づけられると思いますが、岩と岩の間にタイトについている魚を捕る場合はサイクロンシリーズがバッチリです👍 (ストラクチャーの上に浮いているようなときは平打つグリフォンを💁)
じゃあ、タイトに居着くときってどんな時❓となりますね。
ご存知の方も多いかと思いますが、濁りが入るとバスは障害物にタイトにつきます。
(逆に澄んだときバスは散ります。)
濁った時のハードストラクチャー、打ち物でなく、このサイクロンシリーズでガンガン手返しよく攻めましょう✊
 
 
名作にも関わらず何故か廃盤になってしまったサイクロンシリーズのMRですが、まだまだ中古市場には溢れていますし、何より釣れるクランクですので是非お手にとって見てくださいね💁
 
 
 
———————-
ルークルでは皆さんのルアーをルアー買取専門店故の買取価格で、買い取りさせて頂いております!

WEB上で事前査定致しますので、是非コチラからご依頼下さい!

かなりシンプルなWEBフォームとなっておりますので、お時間取らせません!是非!
———————-
 
 
 
———————-
インスタでもルアーのカッコいい/美しい写真を紹介させて頂きますので、
是非フォローしてくださいね。
(↓↓下からフォローできますのでよろしくおねがいします!)
———————-

★事前査定依頼時のご注意点★

お客様各位
 
さて、本日はタイトルの通り、事前査定依頼時のご注意点をお伝えさせていただきます。
 

【査定依頼時のご注意点】

事前査定フォームよりご依頼査定依頼を頂いたにも関わらず、連絡先メールアドレスの誤植のため査定結果をご連絡差し上げることができないお客様が多数いらっしゃいます。
 
貴重なお時間を頂いているため、ご返信できないことを非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今一度、査定時依頼時にはメールアドレスのご確認をどうぞよろしくお願い致します。
 
また、お心当たりがあるお客様、お手数をおかけいたしますがemail(customersupport@lucull.jp)までご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。
 
 
ルークル一同

新規ルアー買取情報~ラッキークラフト LC RTO / RC~

みなさん、こんばんは!
 
本日も買い取りさせて頂いた中古ルアーの生まれた背景やスペック、特徴、使い方などを紹介します💁
 
 
【買取ルアーデータ】
———————-
メーカー: ラッキークラフト
ルアー名: LC RTO (RC, LC)
全長: 下表参照
重量: 下表参照
潜行深度: 下表参照
買取価格: 下表参照
———————-
 
生きる伝説、クランクベイトの神様、米国B.A.S.S.エリートのリック・クランとバスプロショップ、ラッキークラフトがコラボして仕上がったクランクベイト✨詳しく知らない方でも名前くらい聞いたことある方も多いかと思います。
 

●LCシリーズのコンセプト

「バルサクランクをインジェクションで実現」です。
実際、このルアーの登場でバグリーのBシリーズを使用していたプロがこぞってこのルアーを使用するようになったのだとか・・・。(米国製のバルサは当たり外れもあるので、入手が大変だったとか 笑)
 

●3種類のLC?

この製品、名前が以下3種類存在しますが、基本的にスクリーン印刷以外同じ物と思っていただいて結構です。(厳密には違うようですが、泳がせても一般人にはわかりません 汗)
・LC (ラッキークラフト or ラッキークラフトのクランクベイトの略?)
・RC (リック・クランの略)
・LC RTO (RTO: Respect Takahiro Omori)
 
ちなみに、RCからRTOに名前が変更になった理由は、リッククランがラッキークラフトと契約が切れたため名前が使用できなくなり、リッククランが跡継ぎとして大森貴洋プロをご指名。結果、RTOとなりました。
 
 

●LCシリーズの特徴

 
・特徴1:豊富なラインナップ
とんでもなく売れたようで、廃盤を含めるとかなりの種類があり、
・数字は潜行深度ではなく大きさ
・DDとXDはディープ
・WKはウェイク
・SSRはスーパーシャローランナー
を表しています。
それでは、以下、一覧をどうぞ。
 
 
[0.5 & 0.7]
所謂タイニークランクの部類です。0.7のサイズは意外に代えが効かないという声も。
RTO0.5 RTO0.7 スペック
 
[1.0]
ワイルドハンチSRやブリッツ、マッシュボブなどと同じくらいのボリュームです。
LC RTO RC 1.0のスペック
 
[1.5]
一番使いやすいサイズで大森プロがエリートの試合で優勝した際もコチラを使用。
LC RTO1.5 スペック
 
[2.0]
ブリッツマックスと同じくらいのボリューム感。1.5や2.5に比べると影が薄い(笑)
LC RTO 2.0のスペック
 
[2.5]
デプスのイヴォーク2.0と同じボリューム感。2019セントラルオープンで青木大介プロが使用していたのもこのサイズ。
LC RTO 2.5のスペック
 
[3.5]
ここまで来るとかなり大きく感じます。コットンコーデルのビッグオーくらいのサイズ
LC RTO 3.5のスペック
 
[4.5 & 5.5]
LC RTO 4.5 5.5のスペック
 
 
ふぅ・・・・。多いですね💦
また、1.5, 2.5, 3.5, 4.5, 5.5にはラトル入り(通常サウンドのRTとディープサウンドのDRS)が存在します。
(そして、実は上表以外にも6.5やスピンシリーズ、ボーン素材のMTO等が存在・・・)
 
 
・特徴2:高いストラクチャー回避能力
所謂カバークランキングにベストなクランクとして開発されているため、ハードストラクチャー、カバーの回避能力を高めるよう、スクエアビル(四角形のリップ)にされています。
そして、ストラクチャーにあたってもヒラを打たずに真っ直ぐ泳ぎます。(セッティング次第でたまに千鳥ますが・・・。)
ジャッカルのアスカやデプスのイヴォークが好きな方にはお勧めできます🙆
 
・特徴3: クランクらしいそこそこ強い動き、そこそこの浮力
ブリッツより巻き抵抗はあるものの、1日巻いていても疲れない程度の巻き心地のウォブルンロール。そして浮力はブリッツなどに比べると低いです。
 
百聞は一見にしかず!
[RTO 1.5]

 
 
[(比較用)ブリッツ]

 
 
・特徴4: トーナメントでの実績と様々なプロからの贔屓
70歳を越えてもトーナメントで優勝してしまうクランクの神様がプロデュースしたというだけでも釣れる保証がありますが、大森貴洋プロ、青木大介プロ、北大祐プロなど、名だたるプロが使用しているクランクベイト。釣れないわけがありません❗❗
 
 
 

●LCシリーズの使い方・使用シーン

 
・カバークランキング
バルサに取って代わるクランクとして開発されたクランク。カバークランキングで使わない手はありません。
ただ投げて巻いて下さい。本当によくカバーを躱してくれますよ。
 
・中層巻き
カバークランクだけでなく、中層引きでもしっかり魚を連れてきてくれます。
ウィードにあてて、しっかりウィードを切ってやるとその瞬間にバイトありです👍
 
 
 
いかがだったでしょうか。
名作クランクでも発売から10年ほど経ちますが今年になってSSRが追加されたり、米国にチャレンジしている日本人プロが使用していたりと、人気が再熱しそうなクランクですので、使ったことない人は是非!使ってみてくださいね。
 
 
 
【余談1】大森貴洋プロについて
今の若い方でも名前くらいはご存知かもしれませんが、あまり日本のメディアに好んで出る方ではないのでご紹介
大森選手は、一言で言うとバスプロ界のイチローです (笑)
日本でのトッププロは目指さず、20歳前半ですぐに渡米。アメリカの最高峰のバスマスタークラシックで2004年に優勝。実質の世界チャンピオンになりました。
 
【余談2】バスマスタークラシックについて
アメリカのトーナメントはよくわからない方も多いかと思いますが、クラシックは出場できるだけでも名誉ある試合です。
日本人ですと、大森選手の他、並木敏成プロ、田辺哲男プロ、桐山光太郎プロ、清水盛三プロが出場しています。
(我らのイヨケン選手ですら10年の間、出場できたことがない!!)
ちなみに、最近、イヨケンさん、青木大介さん、伊藤巧さんなど、日本人選手がこぞって出ているアメリカの試合は、B.A.S.S.オープンであり、B.A.S.S.エリート(ざっくり日本で言うTOP 50の位置付け)に昇格するための試合です。
そして、基本的にクラシックに参加できるのはエリートの上位者(と各オープンの試合優勝者)となります。
 
 
 
 
———————-
ルークルでは皆さんのルアーをルアー買取専門店故の買取価格で、買い取りさせて頂いております!

WEB上で事前査定致しますので、是非コチラからご依頼下さい!

かなりシンプルなWEBフォームとなっておりますので、お時間取らせません!是非!
———————-
 
 
 
———————-
インスタでもルアーのカッコいい/美しい写真を紹介させて頂きますので、
是非フォローしてくださいね。
(↓↓下からフォローできますのでよろしくおねがいします!)
———————-

新規ルアー買取情報~ボーマー スクエアA~

みなさん、こんばんは!
 
本日も買い取りさせて頂いた中古ルアーの生まれた背景や特徴、使い方などを紹介します💁
 
 
【買取ルアーデータ】
———————-
メーカー: ボーマー
ルアー名: スクエア A
全長: 2 inch (約50 mm)
重量: 3/8 oz (約10 g)
潜行深度: 90 cm
買取価格: 220 円/個
———————-
 
ボーマーAシリーズの中の名作クランク✨
 
 

●スクエアAの特徴

 
・見た目に反した弱い動き
“アメモノ=強い動き”なイメージは覆してくれる”ヌメヌメ”した動きです
 

 
いかがでしょうか?
同サイズで同じくらいの潜行レンジのOSPブリッツの動きとは対極的ですね👆
 

 
 
・安い!!
アメモノルアーなこともあり、900円未満で買えます☺
スクエアビルの特性を活かしてカバークランキング&根掛かりしてもお財布にとっても優しいです👍
 
 

●スクエアAの使い方・使用シーン

 
・どうしてもクランクで釣りたいが他のクランクでは反応がないとき
・カバークランキング
でしょうか。
非常に弱い動きですので、これ以上弱くするとなると、サイズダウンもしくはシャッド。
な展開になると思いますので、クランクの切り札的に使ってみて下さい💁
 
 
いかがだったでしょうか。
国産ルアーにもない弱い動き。是非皆さんのタックルボックスにも投入してみください❗
 
———————-
ルークルでは皆さんのルアーをルアー買取専門店故の買取価格で、買い取りさせて頂いております!

WEB上で事前査定致しますので、是非コチラからご依頼下さい!

かなりシンプルなWEBフォームとなっておりますので、お時間取らせません!是非!
———————-
 
 
 
———————-
インスタでもルアーのカッコいい/美しい写真を紹介させて頂きますので、
是非フォローしてくださいね。
(↓↓下からフォローできますのでよろしくおねがいします!)
———————-

★4/10~4/14の営業案内★

誠に勝手ではございますが、以下の期間は店舗での業務をお休みさせて頂きます。
(琵琶湖と近畿リザーバーに釣りに出張に行ってまいります☺)
 
【期間】
——————-
 
2019年04月10日(水)~2019年04月14日(日)
 
——————-
なお、お客様からの事前査定のご依頼、及びお問い合わせには期間中も順次対応させて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 

ルークル